新造と特殊造船

 第2回目です。ここでは、新造と特殊造船新規(FS造船新規)について説明していきたいと思います。

1、新造

 まずは新造です。造船スキルを覚えたら、まずは新造で造船を行っていき、造船レベルを上げることになると思います。後半、高性能な船は特殊造船のみになってしまうので、序盤~中級者の船と、造船上げの修行がメインとなると思います。では、新造の流れを見て行きましょう。

 1、まずは造船所の親方に話しかけて「新造」を選びます。

 2、造船する船を選択します。選択できたら、画面右下の「次へ」を押します。

 3、材質を選びます(造船Rと港の地域によって選べる材質は違います)。

 4、容量を変更します。

 5、船の名前を決定して、造船の発注は完了です。

 後は、必要建造日数分、海で浮いてくるか、緊急造船依頼書を使用すれば、船は完成です。造船所親方のところに行って、船を受け取りましょう(なお、作成した港と違う港でも完成した船は受け取る)。

2、特殊造船(FS新規)

 続きまして、特殊造船にて、新規に船を作ってみましょう。

 1、まずは造船所の親方に話しかけて「特殊造船」を選びます。

 2、今回は新規に船を作るので、「新造」を選んで、画面右下の「次へ」を押します。

 3、船体を選びます。画像にマウスを置いてて頂くと分かると思いますが、船体毎に作れる船の種類
は変わってきます。今回は公用3層甲板型大型船体を使って戦列艦を作ります。

 4、ここで、もう一回、公用3層甲板型大型船体を使った、ラインナップが出ますので、どれを作る
か選択します。なお、FS造船で作ると、画面左下に、材質が表示されます。使った船体、作った港
で一定の材質に決定され変更は出来ません。
(今回はロンドンで作っていますので、イングランド軍公用に指定されています。リスボンで作れば、
ポルトガル軍公用、セビリアで作れば、イスパニア軍公用と変更されます(要投資)。)

 5、船素材を選択して、付けていきます。この船素材の入れ方で、船の強化数値は変わったり、OP
スキルが付いたりしますので、非常に重要です。
 まず、確認して欲しいのが、マウスを乗せる前の画像の右側のピンクの枠。
この強化数値は、「公用3層甲板型大型船体」を使用したことによる、船体分での強化数値です。
見て頂ければ分かりますが、耐久や装甲が大きく上がることが期待できます。上位の海事船は、船体の
強化数値が非常に大きなウェイトを占めています。特に船体による耐久の強化数値は、他に勝る手段は
ありません。よって、海事船を作り直したいなあと考えた場合、初期化すると、この船体の強化数値分
も初期化されてしまいますので、海事船は初期化して作り直すのではなく、新規から新たに作り直すこ
を覚えておいて下さい。
なお、マウスのON、OFFで主帆を入れた場合の強化数値の加算を確認して下さい。

 6、船の素材を4種セットした画像です。全て入りきっていませんが、強化性能の数値の範囲が、
期待される強化数値です。
 例えば、旋回の数値は(+2~+6)のどれかになることを指します。が、実際にはそれほど大きな
ランダム性はなく、中間値である、+4に収まるケースが殆どです。

 +5になれば、成功。+3だったら、失敗と考えるように私はしています。(逆に+2や、+6にな
るような大きな成功、失敗は100回やっても出るかどうかです。ただし、造船ランクの差が極めて大きければ、その限りではありません。むしろ、旋回と耐久とか2箇所で成功とかのケースのが多いです。)
 もう一つ、縦帆の強化数値ですが、-10~0になっています。これは中間値でも-5で、帆の性能
が-強化されるということです。ただ、この1回の強化だけで考えるとマイナスですが、強化は数回行
います。2回目以降の強化でここのマイナスを補えますので、それほど気にせずに、トータルの強化で
考えましょう。

 7、容量を変更するのですが、少し大事なことを下に付け加えます。

 この船はこのあと、当然のことながら、5回強化(今回の新規を1回目と計算して)を前提に強化していきます。その際に上記のキャロライナ理論を予め考慮して、容量を変更して造船することで、より良い船を作れる可能性が高まります。
 (なお、一つ前の画像と見比べて、容量変更をすると、造船費用が増えている点も確認して下さい。)

 8、船名を決めて完了で、造船依頼発注完了です。

 9、船が完成しました。性能は左下。縦帆が失敗を引いて、他は中間値ですね。船によってはこの
1回の失敗が大きく影響する場合もあります。今回は大きく影響しないので、このまま、第5回目の
シップリビルドに使っていきます。 以上が、特殊造船(FS新規)の一通りの流れでした。