新造と特殊造船

 第3回目です。ここでは、特殊造船の強化(FS強化)について、説明していきたいと思います。
なお、今回は商用クリッパーを使って行っていきます。

  以上の点を注意して、作って行きたいと思います。

1、特殊造船強化(FS造船強化)

1、商用クリッパーは、新造でしか作れない船ですので、まず、新造で大本を作成します。
新造の仕方は前のページを御覧下さい。この後、初期化をする予定ですので、材質は安くて、
容量変更はしなくて結構です。

2、続いて、材質の変更を行います。造船所の親方に話しかけて、「特殊造船」を選びます。
 前回は、FS新規でしたが、今回は特殊造船の強化になりますので、新造で作った商クリを選んで、
次に進みます。

3、船の素材を選ぶ画面で、惣菜(装材)を入れます。
 特殊造船の強化では、最低でも2つの船素材を入れないと次にいけませんので、惣菜ともう一つ何か
入れて、造船を依頼します(2つの組み合わせは何でも良い。惣菜+主帆や砲室でもOK)。

4、夜戦用木製素材の商クリが出来ました。ただ、強化を行いましたので、強化回数が1回増えてしま
いました。
強化回数は、その船を強化できる回数を指し、非常に重要です。ですので、一度初期化して、強化回数を0に戻します。

5、船を初期化します。
 特殊造船において、船を選ぶ画面、下の辺りに「性能初期化」というアイコンがあります。
船を選んで、これを押せば、船を初期化できます。(やり直し出来ないので慎重に)
 今回は交易船ですので、いとも簡単に初期化しておりますが、前のページで作った公用船体を使用し
た戦列艦のような船は、初期化すると、船体の大きな強化数値も消えてしまいます。船によって初期化
して作り直してはいけない船もありますので、ご注意下さい。

下のは、性能初期化によって、初期化されるもの、初期化されないものを分けたものです。

6、今回のFS強化のおさらいです。
 夜戦用木製装材の商クリが出来ましたので、改めてFS強化を最初から行っていきます。
下の2つは、もう一度キャロライナ理論を今回の強化にあわせて、そして今回のFS強化で使う船の素材の一覧と順番です。

7、1回目の強化です。冒険船や交易船は、海事の船と違って耐久はそれほど重要視されません。
よって、今回はここで、通常中間値が+6の旋回にて、+7を目指してみたいと思います。
 といってもやり方は簡単です。上の画像のように、大ガフセイル+舫綱+舫綱を入れて、FS強化を
します。そして、成功、つまり+7の旋回が出るまで繰り返し行うのです。

 8、1回目、残念ながら+6でした。一度、船体初期化を行い、7、に戻ってまた同じ強化を繰り返します。

9、3回目にやっと成功で+7が出ました。
これで次の強化に進みます。(運が悪いと10回以上やっても出ないケースもありますので、必要とされる造船R、そしてお金に余裕がある場合に行って下さい。)

(強化2回目)

(強化3回目)

(強化4回目)

(強化5回目)

10、上の6、の素材を元に残り4回強化を行いました。強化3回目で、対波が+1の成功が出ましたので、トータルで2つ、中間値よりも高い船が出来ました。

11、専用艦スキルを付けます。
場所は今までの強化と同じく、造船所の親方で、特殊造船の一つ右の「専用艦建造」というアイコンです。今回は、高層見張り台をつけることにします。
(船によって付けれる専用艦スキルは違いますので、ご注意下さい。)

12、完成
後は操船熟練度を上げて完成となります。補助帆で旋回-4になるかもしれませんが、旋回15あれば、問題ないレベルと思います。

2、補足

 補足です。
 改めて、今回のFS強化で使った素材と強化した順番の画像を出してみました。
実は今回の強化の順番には、理由があるのです。1回目の強化は初期化をしつつ、旋回+7を狙った強化は分かってもらえたと思います。2回目や3回目の強化ですが、多くの方は、スキル付与を狙った素材をつけて、残った回数で強化数値の上乗せを狙うと思います。この考え方も間違っていませんし、造船に慣れていない方には、失敗を減らす良い方法と思います。
 ただ、強化回数が進むと、それにあわせて、要求される造船Rも上がっていきます。あなたの造船Rと要求される造船Rを比較して、あなたの造船ランクが高く、その差が大きいほど成功が出る確率が高いと私は考えています。よって、調理室狙いの強化数値で成功しても効果が少ないものは、後半にもって行き対波や旋回など上げたい数値の素材を早い段階での強化に組み込むことで成功によるより性能の良い船を目指しているのです。3回目に急加速を持ってきたのは、帆の数値に大きな失敗があった時に4回目の強化で、船の素材を変更してフォロー出来るようにとの保険をこめています。

 もう一つ。
 私は専用艦スキルはいつも一番最後に付けています。強化の結果次第(あまりに失敗)で、途中でこの船は捨てるケースがあるからです。先に専用艦スキルをつけてしまうと、その分勿体無いという考え方です。しかしながら、今回のように、惣菜を変更する場合、前の材質の基本価格が低いものであった場合は、先に専用艦スキルをつけてしまったほうが、費用が10数M変わってくる船もあるので、使うケースは殆どないが、一応知識として(可能性があるのは惣菜を海事用に変える商大ガレオンとかぐらいだが)。